貴田事務所 ブログ

2021年10月21日 木曜日

無知は馬鹿よりたちが悪い。

来週、ぐっさんでおなじみの不動産屋が関わる不動産取引がある。
不動産取引において考えてることは、どれだけ簡潔に、正確に、素早く終わらせるか。
売主と買主は、当然知識が無いのだから司法書士及び不動産会社が、段取りよく行っていくのですが、
その中にどーにもならないやつが入ってくると一気に迷惑がかかる。
当然、売主及び買主は全く解らないのだが、水面下では・・・・

売主に抵当権(担保設定)がされている時は、これを消さなければいけない。
普通の銀行ローンならば売主の口座に入金すれば勝手に銀行は引き落とすが、
銀行で無い場合は、売主名義で担保設定している融資先に振り込むことになる。
例えば、買主の銀行がA銀行、売主の銀行がB銀行である場合は、
売主は、A銀行で買主から現金で売買代金を受け取った形にして、A銀行から振り込めば
時間短縮にもなるし、手間もかからない。

こんなことはごくごく当たり前の知識だと思っていたのだが、
上の不動産屋はA銀行からB銀行に全額を振り込み、その後にB銀行に行って
融資先に振り込むと・・・・

違う方法あるからって説明をしても理解が出来ないようで、

融資先から売主名義で振り込めときつく言われてるのでできません

とメールが届いた。

だ か ら

A銀行から売主名義で振り込むんだから問題ないって言ってるじゃん。

融資先だって知らない人から振り込まれたら処理に困るのも常識。

めんどくせーやつだな と思って対応してたら

貴田様

貴田先生のような高飛車な態度でも登記を依頼する人が居るとは感心ですね。
よく経営が成り立っていると思い尊敬します。相当敏腕なのですね。
先生、先生と言われてご自身が偉いと勘違いしているのでしょう。

登記の方は大丈夫です。当社提携の書士は、最後まで残代金に立会う司法書士、抹消書類の受領に直ぐ向かう司法書士がスタンバイしながら対応しますから。

貴田先生ぐらい立派な先生であれば、従業員もかなりの数がおり、お一人で全て対応するとは思わなかったものですから。
私の配慮が足りず申し訳ありませんでした。

とおもしろいメールが届いた。


まず、先生と呼んでくれる人もあまりいませんし呼ばせても無い。
先生なんて呼称は俺の名前を忘れた相手が先生って言えばなんとかなるだけのもの

先生と言われるほどの馬鹿でなし

こいつは配慮が足りないんじゃ無くて知識が足りないって気がついてない。

高飛車に決まってんじゃん
仕事選んでやってるんだから
最近の司法書士は不動産屋から仕事欲しいために媚びすぎなんだよ。

しかも測量・設計会社の役員でもあるから10名くらいいるんだよね。


無知って本当にたちが悪い。

大手は無知が多いので不動産屋選びは慎重に

高飛車な司法書士より

このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁

新着情報

一覧を見る

アクセス


大きな地図で見る
住所:
〒245-0015
横浜市泉区中田西一丁目1番20号
営業時間:
9:00~20:00
土日や夜間の電話も対応
定休日:
土日祝日

横浜相続遺言駆け込み寺を見た!とご連絡ください

お問い合わせ 詳しくはこちら