貴田事務所 ブログ

2015年2月23日 月曜日

自筆証書遺言。

 いつも思うがブログを書こうと思えば

毎日書くことはできるほどの情報はあるのだが

まぁ いいや で終わってしまう


さて本日は珍しいお客様のお話です

そう

自筆証書遺言の相談というか依頼

もう皆様ご存知だと思うのですが

基本的には公正証書遺言を勧めていくのですが

自筆証書遺言でと言う方は

当然 そちらの指導も致します


一応 ご自分で書いた遺言書をもって来て頂きましたが

やはりと言うか

ちょっと問題の多い遺言書・・・

いや ちょっと使うことができない遺言書でした


細かいことは書きませんが

ダメでしたね

と言うことで

細かな情報は得ることができたので

遺言書の下書きを考えていきます

数日でできあがると思いますが

完成後 お客様に確認して頂いて

問題が無ければ本番といきましょうか!


では 疲れたので

このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

2015年2月17日 火曜日

間に合わず。

 遺言書を作る際に土地の分筆を

必要とすることがあります。

分筆とは1つの土地を2つ以上の土地に分けること

例えばAの土地は長男にBの土地は次男に相続させる

としておいた方が相続の際とても楽ちんです。

分筆をしてない場合は

北側100㎡を長男に残りの土地を次男に

なんて遺言書に記載する人がいますが

兄弟でうまく分ければいいけど、もめた場合は大変です。

現在、遺言を伴う分筆作業をしていたのですが、

間に合わず依頼者が亡くなってしまいました。


父親が亡くなった時に

たかが200万円程度の相続でもめて

未だに解決できていないため

母親の相続に備えての対策でしたが

間に合いませんでした。


対策は早めにやって損はありません。


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

2015年2月15日 日曜日

相続手続××センター。

明けましておめでとうございます。

てな感じでしょうか

今年からは毎日書こうと思っても

やらないものですね。

さて 

昨日のお客様ですが

私の事務所に来る前に

相続手続××センターなる所に行ったとのこと

相続の手続きについて聞きに行ったらしいのですが

そこのセンターには司法書士も税理士もいません。

何?

と思う方もいると思うのですが

簡単に言えば

ちょっと相続について知識がある人が

お客様から委任状をもらって

戸籍などを集めてその他の登記や税申告は

別の所に依頼するって言うだけ

何とかセンターでも司法書士などが運営しているところもありますが


まぁ 私はいつも 無知であることは損をする

と言ってますが

その何とかセンターでは戸籍とって

その他の士業に紹介するだけで70万の手数料・・・

銀行も100万なのでそれより安いが

当然 司法書士、税理士の費用は別にかかります。

その方は知り合いに税理士がいるらしいのですが

想像税の申告で40万前後、登記費用で30万前後と

聞いていたので

それでは倍はかかると撤退したらしいです。

払いたい人は払えば良いと思うのですがね。

無知って事は損をする  確かなことです。


結局 登記手続きの依頼と税理士の税申告の依頼も

頂くことができました。

登記その他の相続手続きで約20万ぐらい

相続税の申告などで約30万ぐらい

と私は考えています(税理士にも確認済)。



このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
住所:
〒245-0015
横浜市泉区中田西一丁目1番20号
営業時間:
9:00~20:00
土日や夜間の電話も対応
定休日:
土日祝日

横浜相続遺言駆け込み寺を見た!とご連絡ください

お問い合わせ 詳しくはこちら