貴田事務所 ブログ

2016年3月 1日 火曜日

書類がない。

 相続の手続きを進めていこうと謄本を取ってみると

よく抵当権が残ったままの方が結構いる。

しかも何年も前に返済が終わっていたりして

書類が一切無いパターンも多い。

むしろない人がほとんどの気がする。

債権者が持っているのならば問題ないし

持ってなくても債権者が存在していて協力的ならばいい

が しかし 債権者がいない場合やどこにいるか分からない場合は

非常に面倒になる。

書類がないのだから基本的に裁判。

今やっているのは債権者が個人でどこにいるか

全く分からない状態です。


問題になるのは費用面。

およそ40万円くらいは弁護士費用でかかってしまいます。

そのため住宅ローンなど返済をしたらきちんと処理をしましょう。
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
住所:
〒245-0015
横浜市泉区中田西一丁目1番20号
営業時間:
9:00~20:00
土日や夜間の電話も対応
定休日:
土日祝日

横浜相続遺言駆け込み寺を見た!とご連絡ください

お問い合わせ 詳しくはこちら