貴田事務所 ブログ

2017年6月18日 日曜日

司法書士の横領。

 最近 司法書士などの士業による横領事件が続いてますな。

基本的に成年後見制度を使った場合が多いのだが、なぜそんなことになってしまうのだろうか

多くの方は弁護士や司法書士は多くの収入があるだろうと思ってますが

個人でやっていくのは非常に大変だと思いますよ

僕自身開業時は債務整理などをやってました。

お金のない司法書士がお金のない債務者からお金を得るってちょっと変な感じですが

ある程度やってると不動産の取引やらが増えていきなんとかやっていけるようになる

っていうのは昔の話

最近の新人さんはどうしてるのでしょうかね

15年以上やっている立場であり司法書士以外にも土地家屋調査士等をやってる僕としたら

非常にダラダラしながらでも十分やっていける状態です。

まぁ 後見人の仕事は申出はしますが、絶対に僕は後見人にはなりませんしね

だから 横領することもないし相続手続きの費用もすべてこちらで立て替え払いなので

横領のしようがない!

まず 注意しなければいけないのは残念ながら開業したての司法書士には注意しましょう。

司法書士のみならず弁護士、行政書士などすべて

だってお金持ってないでしょ

電話で相談するときには開業してどれくらいかは確認してからの方がいいですよ。
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

2017年6月 8日 木曜日

法定相続情報証明やってみた。



法定相続情報証明やってみた。

は 別のHPで記載しましたが、こちらに証明書の一部を添付してみた。

上の方には相続関係説明図のように記載されているのでUPすることができません。

こちらが提出した相関図のようの法定相続情報証明を法務局がスキャンして証明書にします。

そのため申出人のセンスにより出てくる証明書は違ってきます。

だからめちゃくちゃ考えながら作成したし、法務局の担当者も喜んでくれましたし、お客様も

第1号のお客様には泉区及び戸塚区では誰もやっていないので、銀行、郵便局及びその他の機関も見たことないので

きちんと理解してくれないかもしれないと

せっかくですが一応戸籍関係の書類一式も持って行ってねと

法務省は相続登記の推進のためと言ってますが

この程度では無理でしょうね。

だって 戸籍集めるのは必要なんだし

わざわざ面倒くさいことしないよ。

明日は3件目の申し出致します。







このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 貴田和仁 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
住所:
〒245-0015
横浜市泉区中田西一丁目1番20号
営業時間:
9:00~20:00
土日や夜間の電話も対応
定休日:
土日祝日

横浜相続遺言駆け込み寺を見た!とご連絡ください

お問い合わせ 詳しくはこちら